メキシコ文化が融合した街!サンディエゴの観光スポット「オールドタウン(Old Town)」

先月旅行で、アメリカのカリフォルニア州にある都市「サンディエゴ」に行ってきました。
学生の頃バックパッカーで訪れた土地ですが、メキシコ文化が融合した独特の雰囲気、時間がゆっくりと流れる落ち着いた街の雰囲気に魅了され、もう一度訪れたいと思っていた土地の一つです。今回の旅でもいろいろな場所を訪れたので、レビューしていきたいと思います。


本記事で紹介するのは「オールドタウン(Old Town)」という場所です。

サンディエゴの中でもメキシコ文化を色濃く感じることができる場所で、レストランや雑貨屋さんも多数あります。 1~2時間もあれば散策できるボリュームとあって、サンディエゴに行くならばおすすめしたい場所の一つです。ぜひ参考にしてください。

オールドタウン(Old Town)の場所

オールドタウンへの行き方ですが、サンディエゴダウンタウンからはトロリーのグリーンラインを使うと便利です。トロリーは昼間は約15分間隔、夜間は約30分間隔で運行しています。私は、ダウンタウン最寄りの駅 「サンタフェ・デポ」からトロリーに乗り、15分ほどで到着しました。



アメリカは配車サービスの「Uber」などもタクシーより安く利用できます。駅までの道は既に散策済みで時間を有効活用したい場合や、ホテルから直接行きたい場合にはUberを利用するのも良いかもしれません。

アメリカにいながらメキシコ文化を感じられるオールドタウン


サンディエゴ オールドタウン

街全体の雰囲気や造り

オールドタウンには、クリーム色外壁とスペイン風赤瓦を特色とする「ミッションスタイル」に再建された家屋や、メキシコ及び中南米諸国で作られた雑貨・工芸品を扱うお店が多数存在しています。私はメキシコを訪れたことはないですが、頭のどこかでイメージするメキシコ文化を感じることができました。


サンディエゴ オールドタウン

車道の両脇にレストランが並んでいる通りを抜けると、サンディエゴ オールドタウン州立歴史公園の入り口があります。その公園の中にもお店があり、道も開けているため観光しやすいです。


サンディエゴ オールドタウン州立歴史公園

ただ、お店の中に入ると狭いところが多かったです。雑多な感じで雰囲気が出ているのですが、お子さんのベビーカーなどは入るのに苦労するので、抱っこ紐で行くのが良いかもしれません。

レストラン・施設

メキシコ料理と言えばタコスかなということで、ウッドデッキが素敵な吹き抜けのカフェで食事をしました。日本にはあまり売っていないですが、メキシコ料理によく使われているサワークリームが個人的に好きです。


サンディエゴ レストラン サンディエゴ レストラン

キャンディーが樽に入って売られていました。絵になる。


サンディエゴ 店

雑貨がとにかくおしゃれです。家族のお土産にMADE IN エルサルバドルの鍵かけを買いました。この配色は日本にはなかなかないですよね。自分が使いたいくらいお気に入り。


サンディエゴ オールドタウン 雑貨 サンディエゴ オールドタウン 雑貨

そして、一番楽しかったのがメキシコの民族衣装を着て写真を撮る体験!これは特別な思い出になります。こちらは学生の時に撮った写真ですが、今回も旦那と一緒に撮りました。でも経営者が代わったのか、今回は携帯での撮影をしてくれなくて残念でした。写真はその場でカラー印刷のものを頂くことができます。


サンディエゴ 民族衣装 写真

お土産選びや一味違った異文化体験をしたい方におすすめ

オールドタウンはアメリカにいながら、メキシコ文化を感じることができるとても面白い場所です。 1~2時間もあれば散策できるボリュームなので、例えば滞在中の朝~お昼にかけて行ってみるのはいかがでしょうか。

お一人様でも、お友達や家族と一緒でもおすすめなので、サンディエゴに行かれた際にはぜひ訪れてみてくださいね。


サンディエゴ
最新情報をチェックしよう!