海 サンディエゴ

【2019年12月版】ANAマイラー必見!MileagePlusセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード新規入会&利用キャンペーン

ANAマイラーにとって記憶に新しい改悪といえば、ソラチカルート閉鎖。交換レート81%という高い還元率を誇るルートだっただけに非常に残念なニュースでした。

しかしANA特典航空券を手に入れるための手段は、何もANAマイルを貯めることだけに限りません。むしろ、本家ANAマイルより少ないマイルで特典航空券を獲得できる可能性があるのをご存じでしょうか。

今回の記事では、提携航空会社のマイルを貯めることでANA特典航空券を獲得できる方法マイルを貯めるためにおすすめなクレジットカードを紹介したいと思います。

ユナイテッド航空のマイレージプログラム「MileagePlus」とは

私がおすすめするのは、アメリカの航空会社「ユナイテッド航空」のマイルを貯める方法です。 公式サイトでは以下のように説明されています。

マイレージプラスは、ご旅行、体験、お食事など、毎日のさまざまなアクティビティでマイルを貯めて利用できる、フリークエントフライヤープログラム以上の価値を提供するプログラムです。マイルを最大限に活用するさまざまな方法をご覧ください。

https://www.united.com/web/ja-JP/content/mileageplus/default.aspx

ユナイテッド航空のマイルを貯めるメリット

あまたあるスターアライアンス加盟航空会社の中からユナイテッド航空のマイルを貯めることをおすすめする理由をご紹介します。

ANA国内線の特典航空券に交換できる

ユナイテッド航空はANAと同じスターアライアンスのメンバーですので、他加盟航空会社の特典航空券購入等、マイルの相互利用が可能です。更に、国内航空券においては本家ANAマイルより少ないマイルで特典航空券を獲得できる場合があります。それでは以下に詳しく説明していきます。

まずこちらが本家ANA国内線の特典航空券の必要マイルチャートです。(引用元:ANAウェブサイト

沖縄離島路線を含め旅程距離に応じて全7区間、更にシーズン毎に必要マイル数が異なります。L=ローシーズン、R=レギュラーシーズン、H=ハイシーズンです。

一方、ユナイテッド航空のマイルを使ってANA国内線の特典航空券を発券する場合は以下のようになっています。

★出発地~目的地の距離が800マイル以下
 片道5,000マイル
★出発地~目的地までの距離が801マイル以上
 片道8,000マイル

出発地により異なりはしますが、ANAマイルチャートをご覧いただくとわかるように、旅程距離が801マイル以上になるのは主に沖縄への渡航を含む場合のみです。

つまりほとんどの国内線区間をシーズンに関わらず、片道5000マイルで渡航することができるのですね。

ANAの5000マイルで発券できる特典航空券はローシーズンのチケットのみ。区間も東京→大阪、大阪→愛媛など近距離になってしまいます。ユナイテッド航空のマイルを使うことがどれだけお得かお分かり頂けるかと思います。

ただし、渡航日30日前からの予約においては、5,000マイル区間が8,500マイル、8,000マイル区間が11,500マイル必要になります。

依然として十分魅力的なプログラムですので、利用しない手はないと思います。

貯めたマイルの有効期限が無制限

見出しの通り、ユナイテッド航空のマイルには有効期限がありません。

JALやANAのマイルは36ヶ月の有効期限があります。マイルの価値を最大限に発揮するには、やはり特典航空券への交換がお得であると思いますが、まとまったマイルがないとなかなか交換までたどり着けません。そうこうしているうちに、少しずつマイルが失効してしまうというのがあるあるです。

条件なしで無制限にマイルを貯められるのは、とてもありがたいことだと思います。

ショッピング利用時1,000円につき15マイルも貯まる!

ほとんどの人は毎日飛行機に乗るわけではないので、ショッピングなどの普段使いでどれだけマイルを貯められるかは大きなポイントですよね。

私がおすすめする「MileagePlusセゾンカード」なら、カード利用時1,000円につき15マイルを貯めることができます。100円=1.5マイルという高い還元率です。 年会費と条件については以下の通りです。(引用元:https://www.saisoncard.co.jp/mileage/ua/

・本会員年会費:1500円(税抜)
・ オプションサービス「マイルアップメンバーズ」加入: 追加年会費5,000円(税抜)
※年間(毎年3月4日~翌年2月4日お引落し分)30,000マイルを超えた場合、超えた分のご利用は1,000円につき5マイルとなります。

年会費+オプションサービスで計6500円(税抜)の固定費が必要です。しかし、ほとんどのクレジットカードで「100円=1.5マイル」の還元を受けようとすると、固定費は1万円を超えてきますので、私が知っている中では普段使いでお得にマイルを貯めることができるカードの一つだと思います。

期間限定!カード新規入会&利用で最大30000マイル獲得のチャンス

MileagePlusセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードを新規発行&利用すると最大30000マイルを獲得できるお得なキャンペーンを実施中です。
2019年12月6日(金)~2020年1月31日(金)お申込み分まで

私もこのキャンペーンを機にMileagePlusセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの発行を決めました。私は回し者ではございませんので、詳細はこちらからご覧くださいませ!なおポイントサイトのキャンペーンなどと併用することはできないようなのでご注意を。
https://www.saisoncard.co.jp/mileage/ua/campaign2019_12.html

ちなみに入会前にユナイテッド航空のホームページからマイレージプラス・プログラム(入会無料)に入会し、マイレージプラス会員番号を取得のうえ申し込みする必要があります。マイレージプラスへのご入会手続きはこちらから

この記事が少しでもお役に立てましたら幸いです!

海 サンディエゴ
最新情報をチェックしよう!