離乳食 いつから

離乳食はいつから?5つの開始サインと嫌がる場合の対処法

こんにちは!
おしゃれになりたいママブロガー、あびこです。

 
 
お悩みママ

・離乳食はいつから始めたらいいの?

・もし嫌がったらどうしたらいい?

今日は、このような悩みに答えます。

 

結論、離乳食は生後5ヶ月頃から開始することができます

赤ちゃんが出す5つのサインが開始の参考になりますが、赤ちゃんが嫌がると困ってしまうことも。

 

今回は”離乳食開始の5つのサイン”と”嫌がる場合の対処法”を解説します。

 

本記事を参考にすると、離乳食を始める時期を見極めるポイントがわかります。

また、嫌がる場合の対処法を知ることで、離乳食を安心して始めることができます。

 

離乳食はいつから?5つの開始サイン

離乳食 サイン

まずは離乳食開始サインをご紹介します。

  1. 首のすわりがしっかりしている
  2. 支えてあげると5秒以上座れる
  3. 大人が食べる様子に興味を示す
  4. 唇にスプーンをあてても嫌がらない
  5. 授乳・生活リズムが整っている

順に説明します。

首すわりがしっかりしている

首すわりは、離乳食を始める目安となる身体の発達の1つです。

 
・寝返りができている
・腹ばいにすると自分で首を持ち上げる
 

首が座ったかの判断が難しい場合は、保健所やかかりつけ医に見てもらいましょう。

 

支えると5秒以上座ることができる

大人が背後で支えてあげて、5秒程度座れるかを確認しましょう。

支えて座れることも、離乳食を始める時期の参考になる身体の発達の1つです。

最初は赤ちゃんを大人の膝にのせて、食事を与える方がほとんど。赤ちゃんの腰がすわっていなくても大丈夫です。
 

大人が食べる様子に興味を示す

例えば、次のような点に注目してみましょう。

 
  • 赤ちゃんが大人の食事を目で追うか
  • 大人が食べる姿を見つめたりする様子があるか
 

我が家では、夜は必ず大人の食事に参加させることで、赤ちゃんの反応に気づくことができました。

 

口にスプーンをあてても嫌がらない

下唇にスプーンをチョンチョンとあててみましょう。

赤ちゃんがパクッと口に入れて、吸うような動作をしてくれたらバッチリ。

 

嫌がる場合には、まずは麦茶を与えるなど、無理せず練習してみましょう。

 

授乳・生活リズムが整っている

赤ちゃんの授乳の回数や、昼夜の区別がついているかを確認しましょう。

 
①授乳間隔:3~4時間に1回程度
②授乳回数:1日6~8回程度
 

我が家の場合は、ドンピシャで目安通りでしたが、あくまでも個人差があるので総合的に判断するのが良いです。

 

離乳食はいつから?嫌がる場合の対処法

離乳食 嫌がる

赤ちゃんが離乳食を嫌がる場合には、無理をしないことが1番大切です。

 

対処法としては、離乳食をお休みしたり、前のステップに戻ったりしてOK。赤ちゃんの機嫌が良い時に、一口から楽しく再開していきましょう。

 

「全部食べられなかった」ではなく「こんなに食べられたね」と前向きな気持ちで進められると良いですね。

単に離乳食を嫌がるのではなく「お腹が空いていない」「オムツが濡れている」などの理由でぐずることもあります(経験談)。
 

離乳食をいつから始めるか決めよう

離乳食 いつから

離乳食を始める時期は、5つの開始サインや赤ちゃんの反応をみて総合的に見極めましょう。

 

初めての離乳食は、なかなか上手くいかないこともあるかもしれません。

 

焦らずに、赤ちゃんのペースを大切にしながら離乳食を進めていけると良いですね。

離乳食 いつから
最新情報をチェックしよう!